【今すぐ使える】徹底解剖!モテる男のLINEテクニックを大公開!

どぉもーーーー!

オカポン@舞台俳優です!

気軽で便利なLINEは使っていない人が今はほとんどいないほどですよね。

連絡先交換も電話番号からLINE交換が主流になりつつあるほどです。

でもLINEで女性に送るメッセージは気軽に送ったからといって成功するとは限りません。

そこで今回は今すぐ使えるLINEテクニックを大公開します!
今まで誰も教えてくれなかったモテる男のLINEテクニックを順を追って完全ガイドしていきます。

恋愛におけるコミュニケーションの基本はLINEの会話にも当てはまります。
LINEを上手に使うためのコツから女性がキュンとするポイントまで余すことなく解説していきましょう。

 

「モテLINE」と「モテないLINE」差はなに?

モテるアイコンの使い方をマスター

LINEの会話内容に入る前にアイコンの使い方について見てみましょう。
LINEのアイコン画像は何を使っていますか?

ここは意外と無意識に設定している人も多いかも知れませんね。
モテル男はアイコンにもモテるテクニックを駆使しています。

自撮りではない写真

自撮りの写真をアイコンにしている人も多いかも知れませんね。自撮りの写真をアイコンにしてしまうと、「うぬぼれているナルシスト」といったような印象を与えてしまうかもしれません。

自撮り写真はどうしても自分の主観が先行してしまうもの。普段以上に意識した表情になってしまいがちです。

友達がとった写真や友達と一緒に写っている写真をアイコンに使うと、自然な感じが出やすくなります。自然な笑顔が写っていればなお良いでしょう。なるべく普段のあなたが写った写真を使いましょう。

人気のキャラクター

人気の髪型はキャラクターは認知度が高く、話題にのぼることもあるでしょう。
キャラクターは会話を発展させるきっかけにできます。
自分の好きな映画や女性ウケしているアニメ(ジブリやディズニーなど)は共通の話題になることもあります。
ここで気をつけたいのは、自分が好きでもないキャラクターをアイコン画像にすることです。
そのキャラクターの話題になったときに話がふくらまないことがあります。人気のキャラクターをアイコンにしたらそのキャラのバックボーンまで知っておくと後になって話の種になるかも知れませんね。

かわいい動物

かわいい動物をアイコンに使うことも効果的です。
たいていの女性はかわいい動物が好きです。
自分の家のペットをアイコン画像にするのも有効な手段。自然な感じでペットの話になるでしょう。
かわいい動物をアイコンにすると女性からの好感度も得られるでしょう。

小さい頃の写真

幼稚園や小学校の写真など、小さい頃の写真を使うことも関心度が高まります。
小さいときはだれだってかわいいものです。
現在の自分の写真ではないので、プライバシーも保たれます。

女子は基本的にかわいいものが好き。子供の時の写真はそれだけで話も膨らみやすいです。
かわいい写真とともにあなたに対するイメージも便乗して高くなることもあるかも知れません。

アイコン選びはあまり意識していなかったかも知れませんが、ちょっとしたことでも印象が大きく変わります。次のモテるLINEテクニックでは内容に入っていきましょう。

モテル男が駆使しているLINEの内容のテクニック

アイコン選びができました。それではモテるLINEテクニックの内容に迫っていきましょう。
モテる男の上手なラインの構成方法とはなにか。
返信の方法から会話を発展させるコツまで見ていきましょう。

モテル男はLINEの内容を巧妙に工夫している?!LINEの使い方から会話の中身までわかりやすく解説します!

LINEの位置づけを決めておく

LINEはあくまで日常の延長と心得ましょう。
まずは会ってる時に仲良くできるようになります。それが先です!

いつも会っている時にそんなに親しくないのに、LINEでだけベタベタしては絶対にいけません。
誤解を恐れずに断言しますが、女性とLINEだけで仲良くなることはありません。

LINEで仲良くなって雑談できるようになるのではなく、

仲がいいからLINEでも雑談できるのです。

これを心に留めておきましょう。

仲良くなる前

では仲良くなる前にはLINEを使えないのか?
もちろんそんな事はありません。
ではどのようにメッセージを送ったら女性に対して負担にならないのでしょうか。

それは「必要があるからLINEを送る」ことです。
送るネタがないなら「かんたんな用事」を作って送るようにしてみましょう。
リアルであっているときに話をして話題を共有しておきます。
最近行ったところとか、おすすめの映画など他愛もないことの話をしておきます。
そして後日に「おすすめの映画ってなんだっけ?」とLINEを送ります。

そこから会話が続きそうになってもいったん終わりましょう。
相手には「あなたからLINEが来る」ということがわかるだけけOKです。

あなたは「かんたんな用事」を送るだけに徹しましょう。
女性は時間をかけて仲良くなっていく感覚を好みます。

LINEの送り方も、「決して女子にモテるためにラインしているわけではない!」という前提があれば無用は深追いは避けられます。

気合が入りすぎてキャラを変えない

LINEでの会話で自分だけが盛り上がりすぎることは避けましょう。気合が入りすぎてキャラが変わってしまうと「なにか気持ち悪い」と女性に警戒されます。

気合を捨てて余裕を持つほうが話を聞く方が楽です。
気合入りすぎてる男は、失敗します。

女性にとって疲れるLINEになってしまっては元も子もありません。

また、女性は恋をしていれば、絶対に返信してきます。
あなたのことを好きになっていないのならば女性からの余計な返信はありません。
あくまで待ち徹することで、自分に余裕があることを示しましょう。

リアルでの会話で関係を作ることが一番の近道です。
男性側はLINEはあくまでのも連絡手段と割り切りましょう。

返信しやすいのは「何も考えずに返信できる内容」

返信がないのはライン上でこ難しい話をしてしまっているかも知れません。
会話が続きやすくするには「何も考えずに返信できる内容」にしましょう。

相手の女性が「直感的に返信できる」文章を考え、
相手の返信を予想して、文章を考えます。
「自分だったら、こう返信がくるなぁ」と相手のことを想像して、送る内容を考えるのです。
自分の文章に対して、パッと返信文を思いつくことができるでしょうか。
思いついた返信は、会話が繋がっていくものでしょうか?
LINEで雑談し始めるようになった最初の間は、特に気をつけるようにしてください。
女性は他の大多数の男とLINEをしています。相手の女性に、あなたのメッセージに対して返信する義務はないのです。
女性とLINEを続けていくにはまずはあなたが奉仕する立場になることです。

でも頑張るのは最初の間だけです。
最初のアプローチで女性に「あなたとLINEをしたい」と認識させましょう。

ある程度雑談ができる関係が築けたならば

ある程度雑談ができる関係が築けたならば、「この人ならお互いを尊重し合える関係になれる」と思わせるLINEの会話にしていきましょう。
本命の女性にはしっかりと好意を示しながらも、相手の都合も尊重することです。

相手の女性のペースを考えないLINEは嫌われます。
相手の都合を考えずにLINEを送るのはいけません。

女性は自分との共通点が感じられる相手をパートナーにしたがります。

返信は女性の返信速度と同じかちょっと遅れ気味にしましょう。

恋愛には男女とも「ドキドキ感」を求めています。

「あれ~?返信まだかな・・・」
と相手の女性に思わせた頃にLINEを返すと良いでしょう。

相手女性の気持ちがまだあなたに寄りでない感じなら、我慢してワンテンポ遅れ気味にLINEの返信をするのが効果的でしょう。

「連絡をいかに続けるか」

仲良く雑談ができて恋人未満くらいに親密になってきても、ここで勢いをつけて惚れさせようとしてはいけません。
やることは「連絡をいかに続けるか」
ここでは他愛もない会話から「相手にしか答えられない話」していきましょう。
「歯科の受付ってだいたい何時までに帰れる??知り合いが歯科の受付に転職しようとしててさ。」とか、大学生であればゼミのことを聞いたり、同じ授業をとっていたら「あの課題って~」などといった質問をするのもいいでしょう。

内容は面白い話よりも、「居心地の良い会話」を心がけます。
相手からどんどん話題が出てくるという状態を目指します。

雑談を積極的に聞きましょう。

ただ、男性にとって一番難しいのもこの雑談です。
男性は会話に意味を求めがちです。

答えと意味を求め、オチを求めます。

ですが、女性は意味もなく会話をします。これを雑談といいます。

よく聞く

相手の話に対して、こちらは興味を持っているという姿勢を見せます。
男性は聞き上手に徹しましょう。
多くの女性は雑談が好きです。

意味がないことに意味があります。
雑談は空気をあたためるためのムダな会話です。

ですから会話の内容に意味はありません。
話をどんどん回して気持ちいい状態にすることがゴールです。

理解を示す

相手に理解を示してどんどん話を展開させていきます。
どうでもいい話をテンポよく話し、
答えも意見もなくただただ平和なだけの会話をしていきます。
相づちマスターは会話マスターです。
「うんうん!」とオーバーに相づちを打ったり、リアクションを取ってあげます。
相手が長文を打つときは可能な限り長文で返信すると良いでしょう。

雑談はLINEだけでなく実際会ったときも重要です。

共感する

答えや意見を言う必要はありません。
雑談の目的は場を暖めること。

自分の意見や価値観は主張せず、中立的な立ち位置を取ってください。

相手の話を理解するだけでなく、理解しているということを相手に伝えることが大事です。
「夜勤だから二人しかいないのに、バイト先で先輩が倒れてやばくてさー」
「うわー、仕事一人で回さなきゃじゃん!」

このように具体的に共感するようにしましょう。
矢継ぎ早に質問をしてはいけません。

相手の答えに対して、聞く、理解する、共感する

これを実践してください。
自分と相手の会話比率が3:7ぐらいがちょうど良いでしょう。

まとめ

モテる男のLINEはテクニックのみにあらず!

「女性にとって居心地よく、もっとしゃべりたいと思わせること」

を意識してみてください。

  • がっつかないこと。
  • 相手に合わせること。
  • 女性とのコミュニケーションの基本を守ること
  • 自分の感情よりも相手の感情をいかに気分よく刺激してあげるか

というところが大事です。

基本は気遣いと思いやり。

モテる男性というのはラインに関して、意外と考えて使っているということがわかったことでしょう。

ラインというのは特に直接女子と話すきっかけが欲しい人にとっては非常に有用なツールです。

あなたもぜひ上手なLINEの使い方をマスターして、恋愛を制しましょう!

無料相談受付中

ただいま、無料相談受付中です。

⇒オカポンに無料で相談してみる

オカポンの無料メール相談は

実際に数々のモテるための商材を試してきたオカポンが、

あなたに合った教材や情報商材選びのお手伝いを無料でさせていただきます。

オカポン@舞台俳優へのお問い合わせに、
お気軽にメッセージを下さいね。

モテるための資金作りのお悩みもお気軽に。

⇒オカポンに無料で相談してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

オカポン@舞台俳優です!18年11月にブログを開設! 中二病でも恋がしたい!失敗→いい歳して純愛を目指し、撃沈!→理想の彼女のハードルを上げすぎ、独りぼっち→仕事と恋愛、ビッグな俳優を目指して中二病再発!数撃ちゃ当たる?!恋愛こじらせ中!!